【初心者必見】池上彰からビットコインの基本を学ぶ!仮想通貨一年目の教科書

仮想通貨はどういうもので、どういう仕組みなのか。
なぜ信用してお金を投資するのか。
お金はなぜお金なのか。

といった疑問に丁寧に答えてくれる番組、
「池上彰のニュースそうだったのか」
(2018年1月27日放映)
にて仮想通貨の特集があります。

NHK時代の週刊こどもニュース時代から
ものごとの構造を本質的にとらえ
初心者にわかりやすく解説してくれることで定評のある池上氏。

今回はどのように核心に迫ってくれるのでしょうか。

番組広報のアナウンスによると


仮想通貨っていったい何?

1万円札がなくなるかも

キャッシュレス化が進むのはなぜなの?

電子マネーとは何が違うの?

など、初心者が抱く疑問に応えてくれるようです。期待が持てます。

ちなみに前回の放映は
2014年4月。
番組内で触れているようにビットコインが4万円台のときでした。

この時も、ビットコインは価格を下げた直後で、
信用できない、終わった、投機的だ!
と毎度毎度同じことをいわれていたわけです。




ここで池上さん語録だけ抜粋します。


仮想通貨ってそもそも何?

ITに詳しい見ず知らずの人たち同士が作りあげた

最初の頃は、インターネットでこういう仮想通貨、バーチャルな通貨って面白いよねっていう人たちがいて、実はそういう人たちが皆んなでこれを安全にするためには、どうしたらいいんだろうかって、一生懸命仕組みを考えて、それぞれでどうすればもっと良くなるかを、本当にコンピュータに詳しい人たちがみんなで、見ず知らずの人たちがアイデアを出しあてどんどんどんどん安全なものに作っていった。

需要に伴い価値が上がった

仮想通貨が世界中で通用するんじゃないかと可能性を考えた人たちが始めるわけです。当然そのひとたちはビットコインを持ちますよね。そして、これはいいじゃないかという人たちが増えてくれば、欲しい人が増えてきますから値段がどんどん上がってくる。

儲かった儲かったといって広がってくる。

お金はなぜお金か

例えばここに一万円あります。
みんながこれをお金だと思っているから。

なぜお金だと思います?ただの紙でしょ。
日本銀行に対する信用があるから、
さらに言えば、これをお金として流通できるよという法律があるから。
日本という国を信用しているから。
その信頼によって皆んながお金だと思っているからお金として流通している。

ではビットコインはどうか

お金だと思っている人が使っているわけでしょ。
怪しい、信用できないという人たちは使っていない。
ビットコインを取引している人たちはお金だと信用しているから使っている。

短期的に売買をして利益を得たい人たち

短期的に値段が激しく上下する。だから先ほどのようにマウントゴックスが倒産してビットコインが暴落した、下がったうちに買っておけばその後上がった。そこで設けた人たちがいる。

儲かるからつぎ込む人たち

まずは儲かるから。

5年前は1bit1円にもみたなかった。その時、2000円分買ってたそれが1800万円になってたということがニュースになる。

そうなると我も我もとなったわけです。

管理の仕組みが画期的なものだった

イメージでいうと金と同じ。
金本位制という言葉があるくらい
金がそもそもお金の単位あったことがある。

でも金の量は限られている。
地球上の埋蔵量に上限があるため、価値が守られています。
限られているということがわかるから金の信用があるわけです。

価値を守るために枚数が限られている

ビットコインも流通量が制限できるような仕組みをつくった。2100万ビットコインまでという上限がある。計算上というか、計算式ですべてが成り立っている。

どのような仕組みなのか

AさんからBさんへビットコインを送るとします。スマホで10ビットコイン送る。ネット上の財布にAさんにもBさんにもその取引記録が残ります。これは当たり前のことですよね。

さらに、この取引に関係のないCさんにもAさんからBさんへビットコインが送られましたよーという記録が入る。

実はビットコインを取引している世界中の人にこのデータ(暗号化されたもの)が送られ、記録に残ります。

暗号化されているので個人は特定されませんが、全員にデータを送ることで、その後の不正やデータ改ざんを防ぐことができるのです。

使用者全員でお互いを監視している

使っている人たち全員で、常にコンピュータ上でチェックをしている。データが残っているから信用できる。だからお金として通用している、という構造なんです。

ウクライナのクリミハ半島がロシアのものになった。
ウクライナの通貨使えなくなる。ビットコインだと楽。政情不安だとビットコインがいいとなる。銀行が不安定だったり、そもそも銀行が遠い人たちなどはビットコインが便利。

ビットコインがお金だと思う人は使う、投資する。
そう思えない人は使わない、とうこと、それこそ自己責任ですね。

(以上:池上さん談)


ビットコインが4万円だった時には放送のために、いろいろ勉強されたとおっしゃっていた池上さん。

ビットコインが7桁になるほど!高騰した今は、どういった切り口を見せてくれるのか、楽しみですね。放送後リポートさせていただけたらと思います。よろしくお願いします。


前回放送も暴落後でした、今後の展開に対してどういうスタンスで臨むか。上級者さんには当たり前のことばかりでしょうが、初心者さんには必須の番組になると期待できますね。

 

【仮想通貨取引所おすすめ厳選4社】
大手10社をランキング比較
選び方と注意点は?

 




 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知識ゼロの初心者でも増やせる!【仮想通貨積み立て】おすすめはイーサリアム

【初心者向け】ビットフライヤー(bitFlyer)での口座の作り方と注意すること

【初心者向け】コインチェック(Coincheck)での口座の作り方と注意すること